一口馬主の収支と小倉競馬

バヌーシー・ロード・広尾・YGG・ノルマンディーで出資中。一口馬主の収支や小倉競馬場での観戦日記、さらにはIPO(新規公開株)の抽選結果なんかも書いているブログ。2020年よりPOG(ペーパーオーナーゲーム)にも参加。

Home » 弱小一口馬主の『ひとりごと』 » 2017産駒出資馬(現三歳馬)の最終成績

2017産駒出資馬(現三歳馬)の最終成績

calendar

reload

本日のスノージュエリーの結果を受けて2017産駒出資馬(現三歳馬)の最終成績が確定しました。

DMMドリームクラブ
・エターナルハート(デアリングハー7ト)⇒ 3戦1勝 [1-0-0-2]
・ヴィンクーロ(ミッキーパール)⇒ 3戦1勝 [1-1-1-0]
・シンハリング(シンハディーパ)⇒ 5戦1勝 [1-1-0-3]
・アイワナトラスト(ワナダンス) → 10戦0勝 [0-0-0-10]
・スターズプレミア(スターズインハーアイズ)8戦1勝 [1-1-2-4]

ロードホースクラブ
・ロードベイリーフ(ショウナンアオバ)→13戦1勝 [1-3-2-7]
・ロードインファイト(パルテノン)→ 2戦0勝 [0-0-0-2]
・レインドロップス (ティアドロップス)→ 0戦0勝 [0-0-0-0]

YGGホースクラブ
・シュペルブルート(プレシャスライン) → 1戦0勝 [0-0-0-1]
・ルミリンナ(ミエノプリンプリン) → 6戦0勝 [0-0-0-6]
・スカイティアラ(スカイトラベラー) → 7戦0勝 [0-0-0-7]

広尾レース
・スノージュエリー(サクラバーベナ)→ 9戦0勝 [0-0-0-9]
・グラニュエル(クリヴィア)→ 3戦0勝 [0-0-0-3]

ノルマンディーサラブレッドレーシング
・アンデュレイト(ショウナンハトバ)→ 7戦0勝 [0-0-0-7]
・アンブローニュ(キョウエイアン)→ 10戦1勝 [1-1-1-7]


ブログ村ランキング参加中

スポンサーリンク

最終考察

15頭出資して6頭勝ち上がりましたが、昨年のロードルーツ同様一番高い金額の出資馬レインドロップスが勝ち上がれませんでした。シュペルブルートとロードインファイトが地方からの再登録を目指しますが、出資馬を決める「アウトブリードの馬」で選んだ馬は勝ち負けは別として順調に出走してくれたと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す